SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

ギター用エフェクター プリアンプについて考える

プリアンプは有効か否か

このブログ内でも何回か話は出しているが

ギター用プリアンプの使い方を考えている。

 

エフェクタービルダー、楽器屋の店員さんが言われるのは例えプリアンプとして使えるものでも、アンプ側の正面インプットからシールドを挿すのをオススメすると言われることが多い。

 

これはなぜなのかと言うと、アンプ側のイコライザーを使った方が音色の調整がしやすいと言うことであった。

これはTRIALから言われたのだが、BITEDISTORTIONを購入したときに、直接メーカーにこのエフェクターをプリアンプのとして使う際に気をつけるべきことを確認した時にアドバイスを受けた。

 それと楽器屋の店員に言われたのは

プリアンプとして使えるエフェクターでも音量調整が難しいんじゃないか?とのこと。

VH-4ペダルで試奏していた際の話しだ。

DIEZEL ディーゼル/VH-4

DIEZEL ディーゼル/VH-4

 

 なぜかと言うと、ボリュームつまみをだいたい1〜2メモリ上げただけで、めちゃくちゃ音がでかくなるから。あくまでVH-4での話だが。あ、でもVH-4/2でも同じだった。

 

ちなみにアンプはJC120だ。

Roland ジャズ・コーラス JC-120B

Roland ジャズ・コーラス JC-120B

 

プリアンプをアンプのリターンに繋げて音を出すメリットを挙げると

アンプのつまみ設定がいらない。

 

これに尽きる。

 

つまりアンプのツマミでの調整が必要ないのだ。

これは足元で調整が全て完結するので、あくまで自分は便利だと感じてる。

ただ、やはりボリューム設定に毎回苦労する。

 

アンプの個体差、ハコの差もいろいろあるので、こればっかりは調整しないとなんとも言えない。

 

調整を足元のエフェクター+アンプでやるか、エフェクター単体で調整するのか、この違いだ。

幸いMS-3なんて面白いスイッチャー兼マルチエフェクターがリリースされて

プリアンプを使って気軽にいろんな特性のアンプを1つのキャビネットがあれば音が出せるようになってきた。

 好きなエフェクターを使おう

MS-3は当初、歪エフェクターを自分で好きなものを使うための

スイッチャーと思っていたのだが

調整のしんどさを含めても、やはりこのスイッチャーを使う場合は

プリアンプを使用して欲しいと個人的には思っている。

 

結論的にプリアンプが有効か否かという非常に難しい話なのだが。

個人的な経験談を書くと

プリアンプは足下で音色調整が完結するので、有効だと思っている。

けど、デメリットもある。

そう考えるとアンプのインプット入力も全然ありなのだ。

 

プリアンプの魅力はアンプの特性をそのまま足下のペダルに持ち込めることだ。

 

最近おもしろいと思ったのが

HOTONEのBINARYAMPだ。これは正にプリアンプのマルチエフェクター

けど…これ歪系はなんか音が微妙なんだよなぁ。

 クリーン系のアンプは良かった。

しかしこの話を書くと

コンパクトエフェクター→マルチエフェクターの話がループしてしまって終わらなくなりそうだ。

特にMS-3を絡ませると、結局欲しいのはどっちなのか。

こだわりのエフェクターなのか、それともコンパクト性をもたせたいだけなのか???

そうするとマルチエフェクターだけで良いのではないかとか。

 

最近LINE6から出たこのミニSTOMPもなんかやたらすごいのが出たなと思った。

line6.jp

 コンパクトエフェクターとマルチエフェクターの境目が最近崩れていて

永遠のループにはまる…なので、自分の好きなものを使用した方が良いという話をしてしまっているのかな。

 

結局今の自分のこだわりは

Diezel Herbert Pedal プリアンプ エフェクター

Diezel Herbert Pedal プリアンプ エフェクター

 

 この音で推すという奏法だ笑。

 

ちょうどコメントを頂いたので、いい機会だと思ってずいぶん前に書いていた

この書きかけの記事をちょっと書き加えてアップロードしてみた。

 

映画 SOUNDS LIKE SHIT : the story of Hi-STANDARD(ネタバレあり)

Hi-STANDARDの歴史そのもの


【11/10公開】Hi-STANDARDドキュメンタリー映画 SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD予告編

Hi-STANDARDの歴史を2時間に凝縮した映画。

一言で言うのであれば、そんな映画だったし

正直、全部話は知っているだろうって感じで観に行った。

 

確かに話は知ってたけど、やはり自分の根源になっているバンドの映画って

なんか観ているとアツい感じが込み上げる(笑)

 

特に2011年の復活した際のAIR JAMの映像は何度観てもなんか泣ける(笑)

このAIR JAMはたまたまチケットがアリーナで当選したけど

そもそもこのAIR JAMはハイスタが復活するうんぬんを置いておいて

もともとAIR JAMで開催する予定だったっていうのは知らなかった。

 

それで横山健と難波は2010年の年末の段階でもめていたらしい(笑)

 

結局、東日本大震災の影響であのAIR JAMHi-STANDARDは復活することになった。

 

Hi-STANDARDは原盤権でメンバーがもめた騒動を目の当たりにしていたから

絶対に復活は無いと自分は思っていた。

横山健もこの時期にコラムでソロを一生懸命やってんのにハイスタをやれなんて

言ってくるなっと書いたりしていて、もうハイスタは無いのかなって感じてた。

 

だからあのライブって結構インパクトあって、もう観れないと思っていた

憧れのバンドを生で観ることができたっていう印象が強く残っていて

今まで行ったライブの中ではダントツ1位の体験ライブだった。

 

横山健はあのライブは気に入らなかったとは言っていて

確かに出だしのステイゴールドのリフは弾けてなかったり、いろいろミスもあり

そういったクオリティに納得できずカラオケみたいだと思ったんだろうなって

個人的には思っているが(笑)

 

何度かこのブログに書いてはいるが

Hi-STANDARDがいなかったら自分はバンド活動というものに興味を示さなかったと

思う。Hi-STANDARDはバンドと言いながら、派手な格好をせず

Tシャツと短パン、スニーカーでライブをやっていた。

 

この普通の格好というより、かなりラフな格好でもバンドやっていいだなって

思えた功績はすごい大きいなって今でも思う。

 

みなまで言うまでも無く、Hi-STANDARDが好きな人なら観に行くべきだと

思った映画でした。

 

ティーンズの頃から聴き続けて新しい曲を作って長年活動し続けるバンドってそんなにいないし、それがいかにクールなことか考えてみたこともなかった。

映画「SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD」

 

さて、ここからは余談だが

今日は品川の映画館でこの映画を観たが

近くに座った人が巨漢で、小声で映画上映中もなにかぶつぶつ言っていてすごい

気になった。

映画的にはそこまで混む映画ではなくガラガラだったから

違うところで観ればよかったんだけど…。

 

映画の中で、難波がライブ中にファンがステージに上がって

機材を触ったりしていたことに、キレるシーンがあったのだが

正にそれと同じで、できることなら静かに観て欲しい。

 

あと昔から難波が写真を撮られたりすることに対してライブで注意していたのは

知らなかった。当時から言っていたなら、今じゃもっと大変だろうなとは思った。

 

続 MATRIX POWER WATCH

更新作業の大幅遅れ

 

ついにようやく、ビーラボによる日本語サイトで

MATRIX POWER WATCHの更新情報が10月22日にされ

アップデート情報が追加された。

 

ただ、肝心のウォッチフェイスの変更などはいつ更新になるのか

全くわからなくなってしまった。

 

話を聞く限りでは海外の製品なので、海外メーカーがテストしているとのことだが

たぶん期日にかなりルーズなのでは…?

これは日本で展開するのはなかなか難しそうな気配がする。

 

もともと海外メーカーは予定に悠長なことが多いそうで、これもおそらくはビーラボは

確認とった上で公式サイトに記載していたが

アップデートがいつまでも来ないから、情報を載せるのをやめたのではないかと

個人的には思っている。

 

9月にビーラボの社長のインタビューが公開された。

news.livedoor.com

 

これ、日本先行だったんだ…。

だから未確認情報が多いのか??

 

使い心地はまずまず

動作もなかなか安定せず、よく時計とスマホの接続が切れる。

日本語対応したのだが、一部の漢字とひらがなと一部のカタカナは表示できない。

 

ただ、充電不要なのだが…Xは通知にかなり電力を使うとのことで

一回途中で電源が落ちたことがあった。

内蔵のリチウム電池は一度充電が完了すれば、そこそこ電池が保つようであるが

なかなかこちらの思うような感じにならないな。

 

と、そこでAppleWatch4の評判がかなり良さげなのを知った。

 

 

2018年 楽器フェア 東京ビッグサイト

2年に一度の楽器の祭典

f:id:hawaiiansix:20181021185153j:plainプライベートでビッグサイトへ来るのは久々…。

国際展示場の駅前は20年近く前から変わらない。

本当は自転車で来たかったのだが、品川方面からお台場に向かうのは

豊洲の方から行かないといけなくて※他は自転車じゃ通れないため

結局電車で来た。

 

f:id:hawaiiansix:20181021185357j:plain

西ホールに入ってすぐ。

日曜日の14時ごろ行ったら、森口博子がここでライブをやっていた。

なぜ森口博子なのだろうか??

 

会場内は結構人で賑わっており

いろいろ即売会もやっていて面白かったが

高くて買えんわ笑

 

写真もどれを撮っていいのかわからず

BOSSのところだけ写真OKの表示があったのでパシャリと。

f:id:hawaiiansix:20181021185628j:plain

技クラフトのですね。

 

LINE6の試奏もできたのだけど、アンプ直で出せたが

人が周りに多くてたいして聞こえず…。

パッと弾いただけじゃマルチストンプ系は使い方がわからん。

音の良し悪しもわからなかったしな。

www.digimart.net

結局わかったのは液晶画面の見やすさと

全体的な重さなど。思ってたより見た目はコンパクトだった。

けど、重量はずっしり。

 

パンフ無いか聞いたら、ペーパーレスになったから(?)WEBを見てくれと。

ペーパーレスになったって、今回の展示会がってことなのかな。

 

まぁ他にもいろいろあったけど、特に目をひくのは無かったかな笑

小一時間で会場を後に。

 

日曜日の夕方のお台場をうろつくのは久々だったが、ビッグサイト周りの

お店はがらがら。タリーズコーヒーも全然空いてた。

 

少し休憩して、楽器フェアの公式ガイドとか見てたけど

んー。やっぱり特に目をひくのは無かったな。

こういった展示会ってやっぱりお金持っている人は楽しいかもな笑。

Songs Of The Living Dead/横山健

コンピレーションアルバム

横山健の6.5枚目のアルバムがリリースされた。

ここのところアルバムが出るたびにプロモーションを結構やっているが

今日も夜22時ごろラーメン屋でラーメン食べていたら

TOKYOFMが流れていてスクールオブロック横山健の特集。

 

明日は生出演するそうだ。

 

Songs Of The Living Dead

Songs Of The Living Dead

 

割とこのアルバムに入っている曲は持っているのが多いな笑

懐かしい曲もあって大学卒業時を思い出した爆

 

曲は語り継がれる

このアルバムの目玉はSoulMateだろう。

NO USEのカバーだ。

アルバムの本人ライナーノーツ及びアルバム特設サイトインタビューでも

語っているが、ハイスタとNO USEは海外ではレーベルメイトだ。

 

その縁があってFATの25周年フェスでは、ハイスタがバックバンドで

このSoulMateをカバーしていた。

 

インタビューでも横山健が話しているが

バンドが無くなっても曲は歌い継がれることができる。

NO USEはボーカルのトニースライが2012年に急死してバンドは解散してしまった。

 

しかしオーバーサーティ世代でメロコア好きなら

この曲を知らない人はいないだろう。

96年にNO USEがこの曲をひっさげてハイスタとともにツアーを回った。

数少ない貴重な来日時もこの曲をやっていた。 

 

カバーを聴いたらやっぱりNO USEを思い出した。

またこのカバーがまんまNO USEのものと同じなのだ。

 

そんなNO USEの原曲はこちら。


No Use For a Name - Soulmate (Official Video)

【iPhone版】音楽再生アプリ考察

iPhone純正のミュージックアプリに代わるものを

the360.life

もう2年ほど前の記事となるが、まずは上記の記事を読んで欲しい。

 

読めばわかるのだが、iPhone用のミュージックアプリはどれも純正のミュージックアプリとほぼ音質に大差が無いそうだ。

確かに有名なRADIUSのアプリでさえ、自分は音質がアップしているとは感じなかった。

 

実は他にもアプリはいろいろ試しており

foobar2000などはプレイリストがiTunesのものが引き継がれないため、自分は使えなかった。

昔はFABITなんてアプリも試したが…。

 

で、総合的に何が良いのかというと

自分は360の記事と一緒でAUのミュージック再生アプリだ。

 

厳密に言うと、Bluetoothで聴いている場合はどのアプリで聴いても、音質にそこまで違いはないと思うのだが

ひとつ決定的に違うことがAUのミュージックアプリであった。

 

音量にバラつきが無くなったこと。

実はiPhoneのミュージックアプリはジャンルや曲によって音量に差が出たりする。

例えばアコースティックな曲は音量が上がるなど…

音量の一定のチェックを入れても、音量がばらつくのだ。

 

で、これっていきなり音がでかくなったりして聴きづらいのだが

それがこのAUのミュージックアプリは、再生音量が一定になったのだ。

 

これだけでもこのミュージックアプリは試す価値があると思うし

心なしか、音質もよくなった気がする笑

AUサービスの導入アプリではあるが、記事にもあるようにメニューに触れなければ

普通のミュージック再生アプリとして使える。

 

BOSS GT-1 レビュー

現時点では最高峰のマルチエフェクター

マルチエフェクターとは面白い存在だ。

 

操作性に難があるから、割と人は離れやすいのだが

重いペダルボードを持ち歩くのが面倒だからと、たまに戻ってくる。

 

そんな存在のマルチエフェクター

昨年ぐらいにバカ売れしたBOSSのGT-1。

 

BOSS GT-1 Guitar Effects Processor マルチエフェクター ボス
 

 これ、だいぶ前に購入していた。

 

これぐらいのサイズだと、軽くて良い。

これ一台でいろいろ完結する。

そして何より今年、エフェクタームックのGT-1の教科書が出たのが大きい!!

 

BOSS GT-1の教科書 (シンコー・ミュージックMOOK)

BOSS GT-1の教科書 (シンコー・ミュージックMOOK)

 

 これがあるのと無いのではえらい差がでるので、GT-1ユーザーは買うべき本だ。

 

そもそもマルチエフェクターが扱い辛く感じる点は

とにかく機能がありすぎる点だ。

 

これは何?あれは何?が、たくさん発生している中で音作りをする。

…結局これであってるのか?と、迷いながらの音作り。

 

厳密に言うとエフェクターの音作りは自分が納得すればどんな設定でも良いのだが

結局は路頭に迷うのが、マルチエフェクターを使ったことがある人、あるあるだろう。

 

とくに、やっぱり経験が浅い人にマルチエフェクターは鬼門だと思う。

高校生で言えば、高1からギター始めて、高2〜3くらいに導入するのであれば適正なんじゃないかと個人的に思うけど。

 

けど、たった2万出してこれだけの機能があれば、お金かけずに済むだろうなって思う。実際一昨年ぐらいには高校生にバカ売れしていたらしい。

 

安くてオールインワンを目指しているのであれば、このエフェクターは画期的だ。

前述の教科書を見ながら、設定すれば十分な手応えを得られるはずだ。

 

メリットはもう一つある。

BOSSのマルチエフェクター設定は設定の方法が似ているものが結構ある。

GT-1で学んだことを例えば、MS-3でも活かすことができるのだ。

 ベースシステムがほぼ変わらないからだろうけど、特に各種エフェクターパラメーターはほぼ共通で、設定方法も同じのため、教科書も両ユーザーにはかなり役に立つ。

 

マルチエフェクターのこういった本はすべてのエフェクターで出して欲しいものだ。