SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

パソコン環境を考える

2017のAppleWWDC

自分の今の環境はiMacを使用しているパソコン環境である。

もともとはMacBook Airの13インチをチマチマ使っていたのだが

当時のMacBookのバッテリー劣化対策が面倒で、デスクトップへ移行したのである。

 

しかし、iMacは外へ持ち出せずGarageBandをスタジオで使用するためには

MacBook Airを使わざるを得ない状況になってしまい、2台持ちになってしまった。

 

少し前までiPad版のGarageBand性能が良くなく、iMacと同期し辛い状況を考慮してMacBook Airを再度導入しなければならかったので、とてもお金のかかった対策だった。

 

2013年に購入したiMacは2018年7月頃で5年目を迎える。

買い替え時がそろそろ迫って来ているのだ。

 

今年のAppleWWDCは例年通り…ではなく、なんとハードウェアが大量に発表された。

iMacPROなんてものまで発売するという。

 

次はMacBook Proへ買い替え検討

あれだけAppleMacを切り捨てるとか言われて、今回の発表だ。

まだまだAppleはパソコンが重要だと考えている。

 

バッテリー対策が面倒だったため、ノートブックは避けたいのだが

最近のバッテリーは、面倒だったバッテリー劣化対策はこまめにやらないくても

よくなって来ているようだ。

 

そこで次はMacBook Proへ買い替えを検討している。

なぜか?それはモニターさえあれば、家では据え置きのPCとなり

外ではノートパソコンとして使えるからだ。

 

これは男子ハックの管理人の方がそうやって使っているのを見ていて

構想を得たものだ笑。

 

結局iPhoneはどうなるのだろうか

WWDCではiOSの発表はあったが、例年通りiPhoneに関しては触れず。

結局iPhone8が出るのだろうか。

従来通りであれば、今年はSシリーズが出るはずなのだが。

こればっかりは9月頃にならないとわからない。

 

ジョブズが亡くなって6年程であるが、Appleは未だあの頃を踏襲している。

それはAppleの血なのか、革新的なことができなくなってきているのか…。

 

 

Wall of Glass/Liam Gallagher

正にOASIS


Liam Gallagher - Wall Of Glass (Official Video)

 

と言うことで、ようやくソロとして歩みを開始したOASISのリアム。

正直、ノエルがいないんじゃ彼は映えないんではないかと思った。

そう、ビーディー・アイがダメだったように…。

 

だが、これが意外に格好良い。っていうか、これOASISじゃん。

情報が少なくて作曲が誰なのか良くわからず。

どうもリアムの作曲では無いようだが…。

 

インタビューでは煮え切らない話しも…

そして最近のインタビューではこんなことも話している。

www.barks.jp

まぁOASIS解散後、終始リアムはこんな感じのことを言っている。

OASISはやりたいけど、ノエルがダメだって言ってんのか…よくわからない。

マンチェスターのライブでサプライズ登場したリアムは、このライブではノエルと共演したく、何度も電話をかけたがノエルに繋がらなかったらしい笑。

 

ってことは、ノエルが完全に嫌ってるのか笑。

 

ソロのアルバムは10月リリース予定

とにかく、もう少し情報が欲しいがこんな感じの曲であれば

アルバムは良いのではないか、と現段階では踏んでいる。

 

話しは変わるが

先日のアリアナのLIVEでのテロ以降のイギリスを見ると、やっぱりロンドンオリンピックで見せつけた、バンド国家って感じは崩さず

このテロの追悼式でOASISのDon't Look Back In Angerを斉唱したってニュースを観て

イギリスの根幹にあるものを見た気がする。

いつの間にか6月へ

久々の更新

であるが、特に何もない。

 

ただ、自分の働くことのモチベーションを下げる件があった。

自分は会社員…中小企業サラリーマンであるのだが

先日、ずっと一緒に仕事をしてきた上司が突然退職することになった。

 

話しを聞くと、ほぼ解雇同然。

定年までずっと会社にいると思っていたので残念であるが

オーナーには逆らえない。

突然のプータローにどうするのだろうか。

 

そしてそれは自分にも今後来るのではないだろうか…

と、不安にもなる件であった。

 

NUCLEAR SONIC PUNK

と、ここで突然のCDレビュー。

NUCLEAR SONIC PUNK

NUCLEAR SONIC PUNK

 

 中島卓偉の1stアルバムである。

 彼を知ったきっかけは、今は亡きhideの幻のバンド ZILCHのメンバーが

当時TAKUIとしてデビューした彼のプロモーションビデオに参加したのがきっかけだ。

イノヴェーターにZILCHは参加している。

 


TAKUI Innovator pv

 

あと彼はhideと同じ枠でオールナイトニッポンRを担当していたのも大きい。

 

TAKUIの曲はキャッチーでこのアルバムに関して言えば、捨て曲が無い。

この後のアルバムは結構酷いのもあったのだが、久々に引っ張り出して聴いたら

やっぱり格好良いんだな。イノヴェーター最高。

 

このアルバムはアメリカで作成され、前述のZILCHのレイもレコーディングに

協力しているようだ。

英語でやればもっと売れるとも言われたそうだ笑。

 

このアルバムはとても名盤だ。

しかもAmazonで値段が2倍になっているとは…。

とてにかく全曲勢いがあり、キャッチー。

これを当時23、4でTAKUIは作ったと言うのだから物凄いと思う。

GW終わり

毎年GWは知り合いのバーベキューに参加している…というかほぼ幹事だが

それでGWがスタートするを繰り返し、早5年程経過。

 

しかし今年のGWは自身のバンドのライブもあったため、GWはドタバタで終わる。

そのライブ前の直前でとあるエフェクターを購入したのだが、今回は失敗せずに大当たりのエフェクターを引き当てた笑。 

MXR M109 6BAN GRAPHIC EQ

MXR M109 6BAN GRAPHIC EQ

 

 グラフィックイコライザーでBOSSの次に有名?なやつで今は後継機が出ているのですが、音抜け解消とドンシャリサウンド構築のため、導入してみたら大当たり。

かなり音が変わります。たぶんこれマルチの音抜け対策にも使えると思います。

何がいいってこれ、ボリュームが無しなのが良いですね。音量決めで迷わない笑。

 

GW最終日にまさかのあのバンドが…!

twitter.com

来たなー!ハイスタ。abemaTVでAIR JAMのOAやった次の日にハイスタ登場って出来すぎてるでしょ笑。

完全シークレット、横山健、難波とも2バンド出演だったとは言え、これは嬉しいサプライズだったろうな。

 

観たかった…けど、神戸までは行けない汗。

主催者のハイスタへの想いが、ハイスタの出演まで繋げたって話しだったそうです。

今年はハイスタどうするのかなー?って思っていたが、とりあえずまだ継続活動していくようだ。

 

こういう話し聞いたり、abemaTVの映像観たりすると行きたくなるんだけどな。

またライブに。次はいつライブをやるのだろうか。


AIRJAM 2016 Hi-Standard Live

 

これすぐに消されそうだな笑。

連休終わり

そんな連休も本日で終わり。

明日から仕事です…。5月-6月と祝日が無くなるため、毎年嫌と感じる1ヶ月。タカラダニの発生が凄くて洗濯物が外に干せないし、いろいろめんどくさい時期です。

タカラダニ、夜は活動が鈍るが個体によっては動くものもいるため窓がなかなか開けられない。なんか進撃の巨人の巨人みたいな虫だな…極小ですが。

 

 

 

どうでもいい話第二弾

前回、アカウント乗っ取りの話しも推測が入るので半ばどうでもいい話しなのですが

さらにどうでも良い話し第二弾目。今回も推測の話しだ。

 

最近読んだブログで、韓国人からナンパされたという女性が体験談を書いて

いたのだが、その話しに心当たりがあった。

人通りが多い箇所での声掛け

知り合いの女性でまだ25〜26歳代の人の話だが、彼女はよくナンパされると言う話しをする。

「私ってよく男の人に声かけらるんですよね〜」と。

失礼な話しであるが、本音で話すと彼女はお世辞にも美人でも可愛くもない女性だ。

気も利かないし、モテるタイプとは思えない。

 

彼女を知っている自分の知人に聞いても、彼女のことを美人だとか可愛いと言う女性は1人もいない。そんな彼女が繁華街を歩いたり、昼間食事をしていたら男性から声をかけられるのだと言うから驚きだ。

 

 

話しを聞く限りでは、駅前などで声を掛けれらているケースはおそらくキャッチだろう。キャッチの男がナンパを装い声をかけてきているのだと思われる。

彼女は一応、話しには乗らずに切り上げているようなので、ひとまず安心だがそれをナンパと言うかって突っ込みたいところを我慢している。

 

問題は治安が悪い箇所で、外国人が多いところでの声掛けだ。

韓国人や中国人が入り乱れている地区でのそういったナンパ等は目的不明で危ない。

彼らは決まって職に就いているという話しをして、それなりの肩書を持った名刺まで持っているらしい。

 

彼女が言うにはシステムエンジニアだったそうだが、あーって思ってしまった。SEだろうと、その地区はそういう会社がたくさんある場所だ。

 

目的は不明だか、気を付けるべきだろう

果たして、本当にそれはナンパなのだろうか。

外人にはうける顔のタイプなのだろうか。真相は不明だ。

そもそも飯食ってる最中に、今度一緒に昼食一緒にしませんか?って誘い方ってどうなのだろうか。

 

ただ、ナンパ以外の目的も不明ではある。ナンパじゃない場合はなぜ声をかけるのか。

話しを最初に戻すと、そのブログ主の方はアラサーで韓国人の人から半ばストーカー気味で迫られていたそう。連絡先交換はしたが、結局は着信拒否にし連絡を断っていたがその間もメールを彼女に送り続けていたそうだ。

 

このケースも謎ではあるが、着信拒否されているメールをルーチンに送り続ける意味は一体何なのか。と外人の行動は我々日本人から見ると全く読めない。

 

よくナンパされる自称の女性の話しと、周りの普通の女性からの話しから察するとおそらく彼女は騙しやすそうだってことで声を掛けられているのではないかという結論だ。

その証拠に、他の女性はそんなケースは無いと言っていた。それが大半だ。

 

目的は不明だが、何かしら近づこうとしているのは間違いない。

そのためにもその土地がもともと何だった場所なのか、認識すべきだろうと思う。

 

 

 

GW初日

今日は一日新宿にいたのだが、途中晴れているのに大雨が降ってきて驚いた。

しかもその後止んでも、また大雨が降ってきた。

 

GW初日の新宿はいつもよりかは人が少ない…印象。

でも夜は混んでたな笑。

なかなかブログの方が更新できなかった今月。もう4月は終わりだ。

書くのに時間がかかるのが原因でもある。

iPhoneでは手の込んだ記事は書けないのだが、下書きでも書いておくかな。

 

さて、そんな中で気になったこの記事。

news.nifty.com

なぜかLINEも乗っ取られる

この記事とは別の記事で、この件でニュースにしていた記事では

被害者がLINEを乗っ取らそうになったと書いてあった記事があった。

そしてそれが発生した日付は4月26日深夜(4月27日未明)。

 

なんと自分のLINEアカウントも不正アクセスがあった。

これがまったく同じ時期だったので、何か関連があるのかどうか。

 

つまりこのAmazonアカウントを乗っ取ったグループが大量に個人情報を入手し、各種SNSや通販サイトにログインを試みた時間帯なのではないだろうかと思っているのだ。

 

ログインを試みた端末はPCと表示されていたため、パソコンでLINEにログインしたのだろう。※ちなみに2013年製のPCを使用していた。

幸い最近LINEはログインが例え成功しても携帯以外の端末でログインした場合は携帯側に表示される認証番号を入力しないとログインできないのだ。

 

そんなことも知らないグループなのだから、おそらくはまた中国系のグループなのだろう。使用していたパソコンも最新機種を使っているわけでもなさそうだし。

 

自衛の手段は定期的なアカウント情報の変更

それしかないというのが結論であるが、今回Amazonで店を出店した場合の出店アカウントが乗っ取られている。それも何年も前から放置されているアカウントが。

 

自分は昔iTunesアカウントが乗っ取られた経験がある。

この件、経緯をAppleに説明したらなんと使われたコードの金額分が全額戻ってきたのだ。iTunesでしか使っていないメールアドレスだったため、漏れるとするとAppleからとしか思え無かったのだが、真相は闇の中だ。*1

 

今回のAmazonの件も、Amazonは当初は回答をしなかったそうだ。

結局その後乗っ取り犯は出品した商品を削除して逃げたようであるが。

その後は知らないが、出店アカウントっていうのはやっかいだ。

個人情報がそれこそ表に出まくってしまう。意図せずに。

 

他にも4月26日の深夜にLINE乗っ取りがあった方はいませんか??

*1:けど、返金対応した時点でそれはAppleが認めているとも取れるのではないかと思う

新しい音楽と向き合うには

音楽を愉しむには

音楽の聴き方…というべきだろうか。

音楽を好きでいると、ふと急に離れたくなる時がある。

 

自分は十代の早い頃から、V系の波に乗りバンドに興味を持った。

そうするともう20年程バンド音源を聴き続けてきたことになる。

 

だが、音楽の聴き方については冒頭に述べているように

音楽から離れたくなる時がある。

昔、YOUR SONG IS GOODの斉藤ジュンジュンが

「若い時から音楽をずっと好きでいると、ふと音楽から離れたくなるときがくる。それが30代の前半くらいから35くらいまで続く。だけど、それを乗り越えるとまた音楽を楽しめるようになるから」のようなことを雑誌かなにかのインタビューで言っていたのだが

 

正に自分がそれにあてはまっていて、30代過ぎくらいから今も続いている。

 

若いバンドの音源が聴けない

原因の1つはこれかもしれない。

自分は若いバンドの音源が聴けないのだ。

細かく言うと、自分より若いバンドの音源を聴く気になれないのである。

 

例えば、今3ピースでもっとも勢いがあるバンドと言えば若者の間では

WANIMAだろう。疾走感がある、メロコアを奏でるピザオブデス発のバンドだ。

WANIMAに関しては、本当に今の若者にはおすすめしたい。

このようなバンドを聴いて、バンドを初めて欲しいくらいおすすめしたい。

 

しかし!ハイスタを知っている自分の世代から言うと素直にWANIMAを聴く気にならないのが本音だ。

 

同じようにONEOKも、どうも今までに通ってきたサウンドと言う理由で聴く気になれない。

と、ほぼ若い世代のバンドの聴取率はゼロではないだろうか…。

 

じじいの証拠みたいな話しだが笑

これが実情だ。

 

今でもXJAPANやLUNA SEAHi-STANDARDの新曲は心躍る。

けど、それに継ぐ若いバンドに興味が持てないのだ。

 

少しでも興味を持てるように…?

それでも少しでも若いバンドに興味を持てるようにすべきかな…とは思ったが、それは自然の成り行きに任せよう。

 

音楽なんて自分の心に響かないようなものを聴いても楽しめないのだから。

そんな結論に達した、日曜日の深夜。