SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

格安ヘッドホン対決!

ヘッドホンは使用頻度が低い

 ヘッドホンはでかいし持ち歩き時に邪魔なので、基本必要無いと思っていてほとんど持って無かった。

けど、イヤホンよりは便利なので1つだけ所持をしていた。ゼンハイザーのヘッドホンを狙っていたが、数年前に秋葉原のヨドバシで、ヘッドホン試聴時にゼンハイザーより安かったソニーの当時の最新機種のハイエンドヘッドホンMDR-1Rを買ったため、暫くヘッドホンの世界から遠ざかっていた。

ハイエンドヘッドホンなので、本当にモニタリングしたいとか、ハイレゾ音源を聴きたいとか、そういった際にしか使ってなくて、もう少し安いやつが欲しくて他にも検討してみた。

 

それでたまたまドンキホーテに行った際に笑、安くて目に止まったのが、ソニーのまたもMDR系の廉価版。

 そもそもこの時点で失敗したのは、同じメーカーの廉価版を買わなければよかった、と。

せめて、違うメーカーにしておけばと最近気付いた笑。

それで、このヘッドホンを家でギター弾いたりする時に使ってたのですね。amplugとかにつないで。けど、このヘッドホンは重低音重視で音がごもって聴こえる。安いし。

 

フラットな音質を求めて

ギターの音を調整するためにも、もっとフラットに聴きたいことがあり、またもヘッドホンを探す。安いやつで。今度はオーディオテクニカに行き着いた。

これもまたドンキホーテで目に止まる。調べてみたら、格安ヘッドホンの中では大絶賛されている機種だ。

ただこういった量販店で買う場合、試聴が出来ないので安いとはいえ、買って失敗したらどうしようという考えが頭をよぎる。それでもスマホですぐに概要を調べることができる時代ではあるので、便利ではあるのだが…。(結局買った笑)

 

ATH-S100 VS MDR−XB450

せっかく2つ持っているので、音を聴き比べておこう。

あくまで下記は自分の主観なので、参考程度に見て欲しい。

 

まずはMDR-450。前述の通り、ベース強調なので音がごもる。

ただ、悪い音かと言われるとそうでも無い。汚いごもり方でも無いのだ。

Amazonのレビューでもそこそこ高い評価ではある。

けど、べース音を強調し過ぎな感じは否めない。ベース強調音が好きな人にははまるかな。

 

次はATH-S100 。

聴いたらMDR−450との違いにびっくりした。音質は均等にしっかり高音も中音も低音も全てしっかり聴こえるかんじ。まさにこれがフラットか。

格安ヘッドホンでここまでしっかり音が聴こえれば、十分ではないだろうか。

少なくとも現時点ではフラット音質を求める求めない関係無しに、格安ヘッドホンでおすすめするとするとATH−S100をおすすめするレベルだ。

 

実際に家でモニタリングしたりする時もこういった音の方がスピーカーからの出音よりも、聴きやすかったりする。

 

後日談

この後実は格安ヘッドホンの中でも、中堅クラスの音はどのような音を出すのか確認してみたくなって5,000円代のヘッドホンを探して、KOSSを購入した。

 結論から言うと、こちらの音質も良かった笑。家でちょっとだけ、聴くかというときには最適だろう。軽いし。少し低音が強めに感じるけど、MDR-450程でも無い。

本当はゼンハイザーのヘッドホンが欲しかったけど、5,000円代のだと置いてあったのがDJ用だったので、やめた…。つくづく縁が無い。