SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

Gretsch / G6117T-HT Anniversary

以前ここで書いたグレッチのギターをライブで初めて使ってみた感想。

 

一言で言うならば、やはりプレイヤーズエディションを狙うべき

 

と、自分のプレイスタイルから思った。

 

このアニバーサリーモデルはスペック的にも現代の音像に対応はしている。

だが、それでもプレイヤーズエディションには及ばないのだ。

 

購入時にはあまり気にしなかったけど、ビグズビーとブリッジの脆さ、更にハイポジの弾きにくさがある。

 

対策を講じる

f:id:hawaiiansix:20180220173119j:image

とりあえずブリッジの固定から着手。

これでブリッジは動かなくなった。

 

 しかしながら、ブリッジ自体はズレないが弦は普通に強く弾くと受けから外れてしまう笑

ちなみにこのブリッジはスペースコントロールブリッジと言って、指弾きやコード弾きに適しているそうだ。円盤が弦スペースを自由に変更ができる。

 

プレイヤーズエディションで改善されているビグズビーなどを使えばカバーできるのか…?

で、この件でGretschの日本総代理店、神田商会に問い合わせ。

神田商会ではGretschのパーツページを作成しており、問い合わせしやすかった笑。

 

で、結局アジャストマティックブリッジに交換をするように手配に動いた。

神田商会側も外れないというわけではないが、外れにくいブリッジではあるとのこと。

なかなか難しい質問を我ながらしたものだ…。

 

またハイポジの弾きにくさは、本体の厚さ故なので…やはりトータル的にはプレイヤーズエディションを買うべきなんだろう…現代プレイヤーは。

プレイヤーズエディションは本体が薄く、ハイポジが弾きやすいようだ。