読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

2016年に最も聴いた1枚

Bob Mould/Patch The Sky

 

PATCH THE SKY (IMPORT)

PATCH THE SKY (IMPORT)

 

 このアルバムは2016年にもっとも聴いたロックアルバムだと思う。

ボブモールドはもう50過ぎているミュージシャンであるが、50過ぎてもここまでかっこういい音を作れるのは素晴らしいと思う。

 メロディに独特のクセがあるアーティストではあるが、50過ぎて鳴らすオルタナティブロックは相当格好いいものになったと思う。


Bob Mould - Hold On (Live on KEXP)

 

このアルバムのオススメの曲。

しかし2016年は50過ぎて活躍するバンドやミュージシャンが目立った。

スティングなんかも60過ぎには見えないしなー。

2016年はベテラン勢がアツい

2016年はハイスタが久々に音源出すなど、上記のようにベテラン勢の勢いが凄まじかった年だった。

氷室も引退公演をやりのけたし。

その中でも邦楽で、1つ紹介したいバンドがあった。

HUSKINGBEEのギタリスト平林が中心となってるthe firewood projectだ。


The Firewood Project - Behind The Door (@UNIT, Daikanyama 8.6.2016)

 

2015年末にいわゆるAIRJAM世代なら知っているバンド、HUSKINGBEEの磯辺が急遽元ベーシストの工藤の復帰を発表した。

それに伴い、ハスキンが復活した際に新規加入した若い2人は脱退。

このいきなり脱退劇の裏は磯辺が、工藤の復帰を突然決めたことに起因していると個人的には思う。脱退した2人のコメントもバンド方針に従えないため、とコメントを出していた。

 

その2人を平林が助け舟を出す形になったのが、このバンドだ。

もともと平林のボーカルの評価は高いのだが、なぜか彼のバンドは長続きしない。

ハスキンが解散してからソロバンドFINE LINESで1枚アルバムを出したが、その後すぐに活動停止。そもそもハスキンが再結成したのも、磯辺が平林に最近何やってるの?って聞いたら、家にいるって答えたから再結成を考え出したと言っていた笑。

 

何はともあれ、またも平林がメインボーカル始まった。

と、ハイスタよりも実は注目しているバンドなのでした!