SPEAD FREAKS BABY ROCKET DIVE

とにかくロケットのような勢いで!…いろいろ語ります。

DRADNATS/ONE HiT TO THE BODY

 

メロコアとは

 

ONE HiT TO THE BODY

ONE HiT TO THE BODY

 

を考えさせられる、いやある意味ハイスタの新作よりメロコアっぽかったかな。今作は。

ハイスタのスタンダード部分を逆さまにしたバンドのDRADNATS。

 

彼らの三枚目のアルバムが3月に出た。

前作は横山健のプロデュースで大いに話題になったが、はっきり言うと前作は全然良くなかった。自分の中では。

 

もともと出来上がった曲を横山健の鶴の一声で、全て捨てさり新しく作り直した楽曲を横山健のゴーサインで作っていったのが前作らしい。横山健のその時のテーマはパンクっぽく、だったそうだ。

 

パンクバンドであるために

その頃は確か横山健自身、パンクロックドリームと言う曲をリリースしたりしていたので、こうパンクってものに拘りがあった時期だったんだろうと思う。

 

結果的に今作を聴くと、そのパンクっぽくって助言は良くなかったのではないかと思う。

それほど今作はメロコアなアルバムとして成立していると思う。

煌びやかなメロディーが鳴ってて心地よい。

 

インタビューで答えていたが、これが自分のメロディーだと言っていて、前作は指示された制作状況下だったとも書いてあった。

 

メロコアって曲はまさにこれだなって思わせるアルバムで、凄い良かったと思う。

素直にハイスタを通過した世代ってこういう楽曲を目指してるはずなんだとは思うけど、どうなのだろうか。